日本人が忘れてしまった日本語の謎 : 当たり前に使ってる日本語は、こんなに不思議

山口謠司 著

[目次]

  • はじめに 日本語は謎だらけ
  • 第1章 「アイウエオ」と「いろは」の不思議
  • 第2章 「平仮名」と「片仮名」が生まれた秘密
  • 第3章 「ん」はもともと日本語なのか
  • 第4章 外国語でなくなってしまった漢字
  • 第5章 「万葉仮名」とはどんな「仮名」か
  • 第6章 弘法さまは国語の生みの親でもある?
  • 第7章 歌人たちが磨いた仮名と日本語の文化
  • 第8章 書体、数詞、敬語-まだまだ残る日本語の謎

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 日本人が忘れてしまった日本語の謎 : 当たり前に使ってる日本語は、こんなに不思議
著作者等 やまぐち ヨウジ
山口 謠司
書名ヨミ ニホンジン ガ ワスレテシマッタ ニホンゴ ノ ナゾ : アタリマエ ニ ツカッテル ニホンゴ ワ コンナニ フシギ
シリーズ名 日文新書 083
出版元 日本文芸社
刊行年月 2011.10
ページ数 223p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-537-25876-9
NCID BB07339665
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22011242
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想