海戦からみた太平洋戦争

戸高一成 著

昭和の日本海軍はなぜ、日露戦争の"完全勝利"再現に失敗したのか?真珠湾攻撃後の最大の問題は、日本国民はもとより、日本海軍の当局者もすべて攻撃の成功にすっかり酔ってしまい、作戦実施上の問題を真剣に検討しなかったことにある。連合艦隊司令部は、図上演習で予想された艦隊の不備に対策を講じることなく、作戦強行のため、希望的観測に終始するようになっていった。そして迎えた、ミッドウェー海戦-。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • はじめに-「失敗の歴史」の教訓
  • 第1章 真珠湾攻撃と山本五十六の真意(日露戦争後の日本海軍作戦計画
  • 狙いは日本海海戦の「勝利」再現 ほか)
  • 第2章 ミッドウェー海戦の敗北、そして消耗戦へ(奇襲成功に酔いしれる海軍
  • 杜撰なミッドウェー作戦計画 ほか)
  • 第3章 連合艦隊の潰滅-マリアナ沖海戦・レイテ沖海戦(主力艦隊は戦艦から空母へ
  • 米軍のサイパン上陸 ほか)
  • 終章 「全軍特攻」と化す日本海軍(「合理的作戦」の破綻のあと
  • 「特攻兵器」生産と「必死隊」募集 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 海戦からみた太平洋戦争
著作者等 戸高 一成
書名ヨミ カイセン カラ ミタ タイヘイヨウ センソウ
シリーズ名 角川oneテーマ21 B-151
出版元 角川書店 : 角川グループパブリッシング
刊行年月 2011.11
ページ数 218, 3p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-04-110083-7
NCID BB07338913
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22012837
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想