土方歳三日記  下 (新選組副長、鳥羽伏見戦、箱館戦争、そして散華)

菊地明 編著

新選組副長、土方歳三。怜悧な思考、抜きんでたリーダーシップで組織を率い、敗軍の将として戊辰の役を転戦、函館で最期を遂げる。類稀な魅力から、小説・映画・ドラマでもその生涯が描かれてきたが、さまざまな異説に彩られ、真実は解明されてこなかった。本書では、本人の手紙、関係の旧家に伝えられた文書、隊士をはじめとする同時代人の諸記録まで、夥しい史料を渉猟、綿密な考証に基づいて時系列に再構成し、全生涯を初めて明らかにする。下巻の新選組最盛期の慶応元年から。やがて鳥羽伏見の戦いに敗れて東走し、近藤勇亡き後、土方は会津、北海道へ戦場を求め、函館で壮烈な最期を迎える。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 慶応元年(1865)(善哉屋事件。新選組、反幕過激派を襲撃
  • 山南敬助、切腹 ほか)
  • 慶応二年(1866)(近藤、広島より帰京
  • 谷三十郎、死亡 ほか)
  • 慶応三年(1867)(伊東甲子太郎・永倉新八・斎藤一、謹慎処分
  • 伊東甲子太郎、御陵衛士を拝命 ほか)
  • 慶応四年・明治元年(1868)(鳥羽伏見戦勃発。新選組、鳥羽街道で戦う
  • 新選組、淀へ退却 ほか)
  • 明治二年(1869)(回天・蟠龍・高雄、甲鉄艦奪取作戦のため箱館を出港
  • 宮古湾海戦 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 土方歳三日記
著作者等 菊地 明
書名ヨミ ヒジカタ トシゾウ ニッキ
シリーズ名 ちくま学芸文庫 キ18-2
巻冊次 下 (新選組副長、鳥羽伏見戦、箱館戦争、そして散華)
出版元 筑摩書房
刊行年月 2011.11
ページ数 556p
大きさ 15cm
ISBN 978-4-480-09409-4
NCID BB0733170X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22035823
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想