カール・ポランニー

若森みどり 著

市場社会を超えて、人間のための経済へ。経済的自由主義を批判する『大転換』を著した社会哲学、経済学の巨人が1920年代から最晩年までとりくんだ思索の軌跡。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 ポランニーへのアプローチ
  • 第1章 ポランニーの思想と人生-曲がりくねった一筋の道
  • 第2章 ポランニーの社会哲学の源流-責任、見通し、自由
  • 第3章 市場社会の危機とファシズム分析-マルクス主義とキリスト教との対話
  • 第4章 『大転換』の世界-市場ユートピアの試みと挫折
  • 第5章 「経済社会学」の誕生-『大転換』から『人間の経済』へ
  • 第6章 産業文明と人間存在-最晩年のポランニーの自由論
  • 終章 ポランニーの知的遺産

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 カール・ポランニー
著作者等 若森 みどり
書名ヨミ カール ポランニー : シジョウ シャカイ ミンシュ シュギ ニンゲン ノ ジユウ
書名別名 Karl Polanyi

Karl Polanyi : 市場社会・民主主義・人間の自由

Karu poranni
出版元 NTT
刊行年月 2011.11
ページ数 288, 6p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-7571-2285-7
NCID BB07317345
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22012145
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想