結核と日本人 : 医療政策を検証する

常石敬一 著

結核-それはHIV/エイズとマラリアに並ぶ、世界の三大感染症のひとつ。2009年には170万人が結核で死亡し、そのうちHIV感染者が38万人、毎日結核で4700人が死んでいる(WHO)。2009年の日本における発生者は、人口10万人あたり19人で、いわゆる先進11カ国中で最悪。厚労省の認識は「世界的に見て、日本は依然として結核中まん延国である」。日本の医学界は結核を克服していない。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 なぜいま結核か
  • 第1章 結核と闘う
  • 第2章 国をあげて亡国病克服に取り組む
  • 第3章 結核予防法は何をもたらしたか
  • 第4章 結核ナショナルプロジェクトは成功したか?
  • 第5章 歴史を医療政策に生かす

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 結核と日本人 : 医療政策を検証する
著作者等 常石 敬一
書名ヨミ ケッカク ト ニホンジン : イリョウ セイサク オ ケンショウスル
書名別名 Kekkaku to nihonjin
出版元 岩波書店
刊行年月 2011.11
ページ数 210, 12p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-00-005325-9
NCID BB07301469
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22046994
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想