ゴルゴタへの道

芦川進一 著

福沢諭吉、夏目漱石、太宰治、遠藤周作、小林秀雄、西田幾多郎、道元、親鸞、芭蕉、小出次雄、十人の日本人をとりあげ、ドストエフスキイと聖書とを交差させる画期的試み。大審問官、マグダラの女マリヤ、ラザロの復活など、キリスト教的テーマについての正面からの考察。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 ドストエフスキイと十人の日本人(ドストエフスキイと福沢諭吉-「一身独立」の行方
  • ドストエフスキイと夏目漱石-那美、「西洋の衝撃」と女神の誕生
  • ドストエフスキイと太治宰-『人間失格』、「ドストの青みどろ」に映ったもの
  • ドストエフスキイと遠藤周作-「母なるもの」の光と影
  • ドストエフスキイと小林秀雄(1)-「其處にはキリストが立つてゐた」
  • ドストエフスキイと小林秀雄(2)-「一本の藁」から「ゴルゴタ」への道 ほか)
  • 第2部 ドストエフスキイ文学を貫くもの(「自己の永遠の死」から「イエス像の構成」へ-イワン、ユダ的人間像への眼
  • 「イエス像の構成」から「ソーニャ像の構成」へ-ソーニャ、永遠を生きる女性)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ゴルゴタへの道
著作者等 芦川 進一
書名ヨミ ゴルゴタ エノ ミチ : ドストエフスキイ ト 10ニン ノ ニホンジン
書名別名 ドストエフスキイと十人の日本人

Gorugota eno michi
出版元 新教出版社
刊行年月 2011.10
ページ数 244p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-400-62771-5
NCID BB07296551
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22013330
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想