行政法の新構想  1 (行政法の基礎理論)

磯部力, 小早川光郎, 芝池義一 編

行政法の存在意義を根本から問い直し新たな理論枠組みの創出を試みる。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 行政法の存在意義
  • 行政法のモデル論
  • 行政法の規範体系
  • 公権力と公益
  • 行政の主体
  • 議会と行政-法の支配と民主制:権力の抑制から質の確保へ
  • 行政の自己制御と法
  • 地方自治と行政法
  • 協働の進展と行政法学の課題
  • 行政上の規範-安全基準を中心とした一考察
  • 行政判断の構造
  • リスク管理・安全性に関する判断と統制の構造
  • 行政と司法-行政機関と裁判所の役割分担
  • グローバル化と行政法

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 行政法の新構想
著作者等 野呂 充
中川 丈久
交告 尚史
仲野 武志
前田 雅子
大久保 規子
大橋 洋一
小早川 光郎
山本 隆司
斎藤 誠
曽和 俊文
桑原 勇進
磯部 力
芝池 義一
飯島 淳子
高橋 滋
書名ヨミ ギョウセイホウ ノ シンコウソウ
巻冊次 1 (行政法の基礎理論)
出版元 有斐閣
刊行年月 2011.11
ページ数 374p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-641-01298-1
NCID BB07278323
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22017212
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想