ぼくが前を向いて歩く理由(わけ)

中村成信 著

「サザンビーチちがさき」の命名者であり、2000年夏の「サザンオールスターズ茅ヶ崎ライブ」開催に奔走し活躍した一人の行政マンを襲った突然の悲劇。万引きによる現行犯逮捕、それは若年認知症(ピック病)の症状によるものだった。混乱、苦悩、偏見…、そのなかで家族はどのように再生を果たしていったのか。感動の手記。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 発端
  • 第2章 診断
  • 第3章 混乱
  • 第4章 支援
  • 第5章 葛藤
  • 第6章 再生

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ぼくが前を向いて歩く理由(わけ)
著作者等 中村 成信
書名ヨミ ボク ガ マエ オ ムイテ アルク ワケ : ジケン ピックビョウ オ コエテ イマ オ イキル
書名別名 ぼくが前を向いて歩く理由

事件、ピック病を超えて、いまを生きる

Boku ga mae o muite aruku wake
出版元 中央法規
刊行年月 2011.11
ページ数 215p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-8058-3587-6
NCID BB07274581
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22003161
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想