世代間格差 : 人口減少社会を問いなおす

加藤久和 著

年金破綻、かさむ高齢者医療費、就職できない若者。少子高齢化の進む今、生まれた年によって受益と負担の格差が出てしまう「世代間格差」は、日本の現状と先行きを考えるうえでは避けて通れない問題である。なぜ世代間格差が生まれてしまうのか。格差はいかに解消すべきか。本書は経済学的見地から世代間格差を考察し、実行可能な処方箋を提示する。社会保障・日本型雇用・少子化対策などの問題点を多角的に検証し、新たな経済社会システムの構想を鮮やかに描き出す。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 世代間格差を考える
  • 第2章 疲弊した社会保障制度
  • 第3章 変貌する労働市場・雇用システム
  • 第4章 立ち遅れる人生前半への社会政策
  • 第5章 いかに世代間格差を縮小するか
  • 第6章 新たな経済社会システムを目指して

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 世代間格差 : 人口減少社会を問いなおす
著作者等 加藤 久和
書名ヨミ セダイカン カクサ : ジンコウ ゲンショウ シャカイ オ トイナオス
シリーズ名 CHIKUMA SHINSHO 930
ちくま新書 930
出版元 筑摩書房
刊行年月 2011.11
ページ数 269p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-480-06635-0
NCID BB07261014
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22038634
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想