決着!恐竜絶滅論争

後藤和久 著

恐竜はなぜ絶滅したのか。専門家にとってはもはや決着済みといえる絶滅の原因をめぐって、いまだに新説が出されてはマスコミを賑わす。これを憂えた著者らは、有名な科学雑誌に論争の余地なしとする決定的な論文を投稿。世界をアッと言わせた。なぜ決着済みといえるのか。異説のどこが間違いなのか。とことん解説する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 論争決着へ-二〇一〇年
  • 2 白亜紀末に運命がわかれた生物たち
  • 3 小惑星衝突で何が起きたのか
  • 4 挑戦を受ける衝突説
  • 5 衝突説と反論を検討する
  • 6 論争のゆくえ
  • 7 新たな研究の始まり

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 決着!恐竜絶滅論争
著作者等 後藤 和久
書名ヨミ ケッチャク キョウリュウ ゼツメツ ロンソウ
シリーズ名 岩波科学ライブラリー 186
出版元 岩波書店
刊行年月 2011.11
ページ数 102p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-00-029586-4
NCID BB07248570
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22024417
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想