動物論 : デカルトとビュフォン氏の見解に関する批判的考察を踏まえた, 動物の基本的諸能力を解明する試み

エティエンヌ・ボノ・ド・コンディヤック 著 ; 古茂田宏 訳

獣は比較し、判断する…。獣は観念をもち、記憶をもつ。デカルトの動物機械説やビュフォンの人間中心主義を批判し、動物の基本的な諸能力を明らかにして、今日の自然観および動物観の基礎を築いた啓蒙思想期の先駆的業績。本邦初訳。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 デカルトの学説とビュフォン氏の仮説(獣はただの自動人形ではないということ。人はなぜこのような根拠のない説を空想しがちであるのか。
  • もし獣が感じるとすれば、我々人間のように感じるということ
  • 獣は単なる物質的な存在だという仮説において、ビュフォン氏は、自分が獣に認めた感覚を説明できないということ。
  • 人間以外の動物が純粋に機械的であり、かつ同時に感じうるというこの想定においても、彼らがもし認識能力をもっていないとすれば、自分の自己保存のために気づかうことはできなくなるであろうということ。 ほか)
  • 第2部 動物の諸能力の体系(全ての動物に共通する習慣の形成について
  • 動物における認識の体系
  • 同一種に属する諸個体は、その種において互いに摸倣しようとする傾向が低ければ低いほど、より斉一的な仕方で行動するということ。それゆえ、人類が個体間でこれほど異なっているのは、もっぱら、人類が全ての動物の中で最も真似をしあう傾向を強くもっているという理由からであるということ。
  • 動物の言語 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 動物論 : デカルトとビュフォン氏の見解に関する批判的考察を踏まえた, 動物の基本的諸能力を解明する試み
著作者等 Condillac, Etienne Bonnot de
古茂田 宏
Condillac 'Etienne Bonnot de
コンディヤック エティエンヌ・ボノ・ド
書名ヨミ ドウブツロン : デカルト ト ビュフォン シ ノ ケンカイ ニ カンスル ヒハンテキ コウサツ オ フマエタ ドウブツ ノ キホンテキ ショノウリョク オ カイメイスル ココロミ
書名別名 Traité des animaux

Dobutsuron
シリーズ名 叢書・ウニベルシタス 966
出版元 法政大学出版局
刊行年月 2011.11
ページ数 216p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-588-00966-2
NCID BB07229587
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22027116
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 フランス語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想