イタリアの中世都市

亀長洋子 著

古代共和制の伝統の名残やキリスト教世界の理念が展開するなか、中世イタリアの都市民は、本来の理想を完全に放棄せず、遵守もせず、抜け道を探してさまざまな制度やシステムを生み出し、そして活用した。そこには矛盾や欺瞞が満ちているが、広い世界に躍進しようとする気質、たくましさが鮮やかに浮かび上がって見えてくる。中世イタリア都市の制度やシステム、その利用者としての都市民を描くなかで、彼らの行動原理や都市社会の魅力を語っていこうと思う。芸術面に限らない彼らの創意工夫の歴史の一端を、本書を通じて読者は垣間見ることができるだろう。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 中世イタリア都市の魅力
  • 1 コムーネの登場
  • 2 公平性の原理と諸制度の展開
  • 3 中世都市の財政と市民生活
  • 4 都市の向こうの中世イタリア都市民

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 イタリアの中世都市
著作者等 亀長 洋子
書名ヨミ イタリア ノ チュウセイ トシ
書名別名 Itaria no chusei toshi
シリーズ名 世界史リブレット 106
出版元 山川出版社
刊行年月 2011.10
ページ数 90p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-634-34944-5
NCID BB07227570
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22008683
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想