写真家の眼 : フィルムに残された生の痕跡

クリステン・リュッベン 編 ; 菊田樹子, 大竹かおり 訳

本書では、アンリ・カルティエ=ブレッソン、エリオット・アーウィット、インゲ・モラスをはじめとする数多くの定評ある偉大な写真家、そしてジョナス・ベンディクセン、アレッサンドラ・サンギィネッティ、アレック・ソスなど近年活躍が目覚ましい写真家も登場する。ロバート・キャパによるノルマンディ上陸、ブルーノ・バルベイによるパリ五月革命、トーマス・ドボルザックによるチェチェン紛争から、ルネ・ブリがとらえたチェ・ゲバラ、イヴ・アーノルドがカメラにおさめたマルコムXやブルース・ギルデンが切り取った典型的なニューヨーカーの姿まで、写真家たちは70年にわたる歴史を網羅している。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1933 アンリ・カルティエ=ブレッソン「セビリア」
  • 1936 シム(デビッド・シーモア)「群衆の中の女性」(キャロル・ナッガー)
  • 1936 ハーバート・リスト「男性と犬」(ピエール=オラフ・リヒター)
  • 1938 ロバート・キャパ「リオ・セグレの戦い」(シンシア・ヤング)
  • 1940 ワーナー・ビショフ「山々」(マーコ・ビショフ)
  • 1940 ジョージ・ロジャー「空襲」
  • 1941 ジョージ・ロジャー「西砂漠」
  • 1944 ロバート・キャパ「D‐Day」(シンシア・ヤング)
  • 1945 ロバート・キャパ「ライプツィヒ」(シンシア・ヤング)
  • 1946 ハーバート・リスト「破壊された石膏像」(ピエール=オラフ・リヒター)〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 写真家の眼 : フィルムに残された生の痕跡
著作者等 Lubben, Kristen
大竹 かおり
菊田 樹子
リュッベン クリステン
書名ヨミ シャシンカ ノ メ : フィルム ニ ノコサレタ セイ ノ コンセキ
書名別名 Magnum contact sheets
出版元 青幻舎
刊行年月 2011.11
ページ数 508p
大きさ 35cm
ISBN 978-4-86152-311-3
NCID BB07223037
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22020228
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想