遺体

石井光太 著

2011年3月11日。40000人が住む三陸の港町釜石を襲った津波は、死者・行方不明者1100人もの犠牲を出した。各施設を瞬く間に埋め尽くす、戦時にもなかった未曾有の遺体数。次々と直面する顔見知りの「体」に立ちすくみつつも、人々はどう弔いを成していったのか?生き延びた者は、膨大な数の死者を前に、立ち止まることすら許されなかった-遺体安置所をめぐる極限状態に迫る、壮絶なるルポルタージュ。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • プロローグ 津波の果てに
  • 第1章 廃校を安置所に
  • 第2章 遺体捜索を命じられて
  • 第3章 歯型という生きた証
  • 第4章 土葬か、火葬か
  • エピローグ 二カ月後に

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 遺体
著作者等 石井 光太
書名ヨミ イタイ : シンサイ ツナミ ノ ハテ ニ
書名別名 震災、津波の果てに

Itai
出版元 新潮社
刊行年月 2011.10
ページ数 265p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-10-305453-5
NCID BB07219379
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22006683
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想