日米衝突の根源1858-1908

渡辺惣樹 著

ペリー来航から、セオドア・ルーズベルトによるポーツマス条約仲介にいたるまで、アメリカの姿は日本史の中からほぼ姿を消す。だが日本の明治期に当たるこの半世紀にアメリカで起きていた出来事こそ、日米衝突を不可避なものとする要因となったのだ。国内産業保護を基軸とするアメリカン・システムの綻び、イギリスを筆頭としたヨーロッパ諸国との領土紛争、国内の人種問題。南北戦争、米西戦争、移民排斥、ハワイ併合、フィリピン領有を経て、良好な関係にあった日本を仮想敵国と見なすまでのアメリカの動きを、米側資料により初めて詳細に描き出し、太平洋戦争の起源に新たな解釈を加えた画期的な書。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 日本人と支那人
  • カリフォルニアの争奪
  • 太平洋シーレーン
  • 南北戦争
  • 大陸横断鉄道開通
  • 「アメリカの湖」
  • 岩倉使節団の失敗
  • フィラデルフィア博覧会
  • 支那人排斥法
  • ハワイ国王カラカウア
  • グラント将軍の日本訪問
  • フロンティアの喪失
  • ハワイ攻防戦
  • 米西戦争
  • 白い艦隊(ホワイト・フリート)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 日米衝突の根源1858-1908
著作者等 渡辺 惣樹
書名ヨミ ニチベイ ショウトツ ノ コンゲン 1858 1908
出版元 草思社
刊行年月 2011.10
ページ数 572p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-7942-1862-9
NCID BB0721547X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22005346
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想