それでもイギリス人は犬が好き : 女王陛下からならず者まで

飯田操 著

犬をこよなく愛する国民、揺れる動物愛護の国、イギリス。イギリス人の犬に対する関心を動物への虐待と動物愛護の視点から文化史的に辿り、イギリス社会・文化の特質を浮き彫りにする。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 イギリス人の動物愛護精神
  • 第1章 アニマル・スポーツと階級社会
  • 第2章 ドッグ・ショーと愛玩犬
  • 第3章 グレイハウンド・レーシングの盛衰
  • 第4章 フォックス・ハンティングの終焉
  • 終章 イギリスの犬文化と二つのイングリッシュネス

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 それでもイギリス人は犬が好き : 女王陛下からならず者まで
著作者等 飯田 操
書名ヨミ ソレデモ イギリスジン ワ イヌ ガ スキ : ジョオウ ヘイカ カラ ナラズモノ マデ
書名別名 Soredemo igirisujin wa inu ga suki
出版元 ミネルヴァ書房
刊行年月 2011.10
ページ数 267, 46p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-623-06166-2
NCID BB07210782
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22006724
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想