学習心理学 : 理論と実践の統合をめざして

森敏昭, 岡直樹, 中條和光 共著

学習科学、認知心理学の知見を取り入れた新しいタイプの学習心理学の入門テキスト。古典的条件づけ、オペラント条件づけなどの伝統的な学習心理学を一通り紹介したのち、運動技能、認知技能の学習、模倣学習、観察学習の仕組み、子どもの認知発達などのトピックを、身近な事例を用いて平易に解説する。さらに、臨床場面や教育実践など学習心理学の応用についても言及している。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1章 学習の理論-学習の理論はどのように発展してきたのか
  • 2章 学習の基礎過程-条件づけと学習理論
  • 3章 知識獲得と学習-学習における記憶メカニズム
  • 4章 問題解決と学習-人はどのように問題解決をするのか?
  • 5章 技能の学習-「できない」ことが「できる」ようになる仕組み
  • 6章 社会的学習-人は他者から何をいかに学ぶのか
  • 7章 学習と認知発達-子どもはいかに学ぶのか
  • 8章 学習の転移-学んだことを役立てるために
  • 9章 学習の動機づけ-人はなぜ学ぶのか?
  • 10章 学習心理学の応用-学習心理学を臨床場面や教育実践に役立てる

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 学習心理学 : 理論と実践の統合をめざして
著作者等 中條 和光
岡 直樹
森 敏昭
書名ヨミ ガクシュウ シンリガク : リロン ト ジッセン ノ トウゴウ オ メザシテ
書名別名 Gakushu shinrigaku
シリーズ名 心理学の世界 基礎編 2
出版元 培風館
刊行年月 2011.10
ページ数 258p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-563-05868-5
NCID BB07210170
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22006206
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想