十六世紀ルーアンにおける祝祭と治安行政

永井敦子 著

フランス近世国制史のなかで、都市祝祭の衰退は治安行政の深化との相関関係において捉えられるのではないかとの仮説に立ち、絶対王政の確立以前、いわゆる「ルネサンス王政」期の都市行政について、ルーアンを例に検証する。一次史料に基づき多数の事例を紹介しつつ、当時の国制・日常生活・世界観までを問う、緻密な歴史研究の成果。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 都市史研究(「ルネサンス王政」と都市
  • 都市行政体制
  • 祝祭の機能)
  • 第2章 都市ルーアン(背景
  • 社会経済状況
  • 都市行政体制)
  • 第3章 都市祝祭(都市祝祭の概要
  • 入市式
  • 総行列
  • テ・デウムと祝火
  • 閲兵式)
  • 終章 祝祭と治安行政秩序形成をめぐって

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 十六世紀ルーアンにおける祝祭と治安行政
著作者等 永井 敦子
書名ヨミ 16セイキ ルーアン ニ オケル シュクサイ ト チアン ギョウセイ
書名別名 16seiki ruan ni okeru shukusai to chian gyosei
出版元 論創社
刊行年月 2011.10
ページ数 206p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-8460-0848-2
NCID BB07194438
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21999948
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想