グローバリゼーションと都市変容

遠藤薫 編

都市は、絶え間なく自己変容する社会構造/世界観の写像である。観光、メディア、消費空間、サブカルチャー、コミュニティなどを通して、ローカルな場としての都市とグローバル世界の動的なミクロ‐マクロ連結を透視する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 グローバリゼーションと都市変容
  • 第1章 明治大正期「東京案内」に見る近代"東京"の創出-19世紀グローバリゼーションとナショナル/ローカルの変容
  • 第2章 グローバル都市としての上海-租界・万博・郊外化そしてディズニーランド
  • 第3章 北京におけるサブカルチャーの受容に関する都市論的考察-五道口・三里屯・后海を事例として
  • 第4章 米軍基地を介した地域社会のグローバル化/ローカル化-福生を事例に
  • 第5章 歩行者天国のゆくえ-グローバリゼーション下における都市再開発にともなう社交空間の変容
  • 第6章 タワーマンションとコミュニティ-武蔵小杉駅周辺地域再開発についての考察
  • 第7章 グローバリゼーションと日本の社会起業家
  • 第8章 都市のグローバリゼーションと近代家族-都市勤労者家族における高齢者役割に注目して
  • 第9章 両大戦間期グローバリゼーションにおける"商店街"の形成

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 グローバリゼーションと都市変容
著作者等 遠藤 薫
書名ヨミ グローバリゼーション ト トシ ヘンヨウ
書名別名 Gurobarizeshon to toshi hen'yo
シリーズ名 Sekaishiso seminar
出版元 世界思想社
刊行年月 2011.10
ページ数 284p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-7907-1546-7
NCID BB07189653
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22020216
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想