精神科臨床倫理

シドニー・ブロック, ステファン・A.グリーン 編 ; 水野雅文, 藤井千代, 村上雅昭, 菅原道哉 監訳

本書は、歴史、資源配置、利益相反、倫理綱領、守秘義務、非自発的治療、自殺、ナラティヴ倫理、遺伝子研究、脳神経倫理、児童青年期、老年期、司法、地域におけるケア、トラウマ、コンサルテーション・リエゾンなど、広く今日の精神科臨床倫理を俯瞰する。精神科医や精神科研修医はもとより、精神科領域のあらゆる専門家、法曹、行政、メディア、製薬企業など精神科臨床に関わる多くの人々の必読書。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 歴史的、哲学的、社会的背景(「精神科臨床倫理」の概観
  • 精神科臨床倫理の歴史
  • 精神科臨床倫理の哲学的基礎 ほか)
  • 第2部 精神科臨床倫理の重点課題(守秘義務
  • 非自発的入院と脱施設化
  • 自殺 ほか)
  • 第3部 精神科臨床の倫理的側面(薬物療法の倫理
  • 精神療法の倫理的諸側面
  • 児童青年精神医学の倫理 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 精神科臨床倫理
著作者等 Bloch, Sidney
Green, Stephen A
村上 雅昭
水野 雅文
藤井 千代
グリーン ステファン・A.
菅原 道哉
ブロック シドニー
書名ヨミ セイシンカ リンショウ リンリ
書名別名 Psychiatric ethics. (4th ed.)
出版元 星和書店
刊行年月 2011.11
ページ数 721p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-7911-0791-9
NCID BB07187749
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22002919
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想