味わいの認知科学

日下部裕子, 和田有史 編

目・鼻ロ口から広がる美味しさへの道。食の科学にまつわる基本的な知識や概念を丁寧に解説し、「味わう」という現象のメカニズムを解き明かす。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 味わいの階層的分類
  • 第2章 味の生理と知覚(味、味覚)
  • 第3章 においの生理と知覚
  • 第4章 味とにおいの相互作用
  • 第5章 歯応え、舌触りの生理と知覚
  • 第6章 視覚による食の認知
  • 第7章 おいしさの心理学
  • 第8章 食と脳機能
  • 第9章 食と消費者行動
  • 第10章 食品産業と食認知研究のかかわり

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 味わいの認知科学
著作者等 和田 有史
日下部 裕子
書名ヨミ アジワイ ノ ニンチ カガク : シタ ノ サキ カラ ノウ ノ ムコウ マデ
書名別名 舌の先から脳の向こうまで
シリーズ名 シリーズ認知と文化 8
出版元 勁草書房
刊行年月 2011.10
ページ数 230, 35p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-326-19944-0
NCID BB07169645
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22005035
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想