象徴機能と物象化 : 人間と社会の時代診断に向けて

見附陽介 著

[目次]

  • 第1部 物象化のいくつかの類型(人間の物象化
  • 社会的関係の物象化)
  • 第2部 物象化の理念型(原コミュニケーション(Urkommunikation)-非物象化の人間学的モデル
  • 機械としての社会-物象化の社会的モデル
  • モノローグと距離化-物象化の記号的モデル
  • 象徴機能と物象化)
  • 結論 我々はなぜ物象化から逃れられないのか

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 象徴機能と物象化 : 人間と社会の時代診断に向けて
著作者等 見附 陽介
書名ヨミ ショウチョウ キノウ ト ブッショウカ : ニンゲン ト シャカイ ノ ジダイ シンダン ニ ムケテ
書名別名 Shocho kino to busshoka
出版元 北海道大学出版会
刊行年月 2011.9
ページ数 323, 12p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-8329-6756-4
NCID BB07154794
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22011162
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想