革新幻想の戦後史

竹内洋 著

戦後社会では、さまざまな空間を革新勢力が席捲していった。しかしそうした雰囲気は、多分に焚きつけられ、煽られたものであった。誰が、どのように時代の気分を誘導したのだろうか。また、それはどのように、その後のねじれた結果をもたらしたのか。膨大な文献資料から聴き取り調査までを駆使し、今につながるその全貌に迫る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1章 悔恨共同体と無念共同体
  • 2章 『世界』の時代
  • 3章 進歩的教育学者たち
  • 4章 旭丘中学校事件
  • 5章 福田恆存の論文と戯曲の波紋
  • 6章 小田実・ベ平連・全共闘
  • 7章 知識人界の変容
  • 終章 革新幻想の帰趨

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 革新幻想の戦後史
著作者等 竹内 洋
書名ヨミ カクシン ゲンソウ ノ センゴシ
書名別名 Kakushin genso no sengoshi
出版元 中央公論新社
刊行年月 2011.10
ページ数 546p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-12-004300-0
NCID BB07135676
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22029156
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想