道徳教育論

高橋勝 編著

本書は、教育職員免許法施行規則で定められている「道徳の指導法」に相当するテキスト・参考書である。道徳教育の理論的基礎をふまえ、道徳問題を学校だけに限定せず、家庭、地域社会、さらには「情報・消費社会」にまで広げて、道徳教育のあり方をアクチュアルに考察している。こうした社会現実を生きる子どもたちに対して、道徳性の発達を促すための指導計画とその実践について具体的に学ぶことができる。道徳教育の理論的基礎と実践的指導法をともに学ぶことができる本書は、教職を目指す学生はもちろんのこと、現職の教員や保護者にも一読を勧めたい一冊である。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 道徳教育を哲学する(「道徳性の発達」をどうとらえるか
  • 他者との対話的関係づくり
  • 子どもの共生感覚を育てる)
  • 第2部 子どもの世界と道徳教育(情報・消費社会に生きる子ども
  • 学校生活における道徳教育
  • 家庭生活における道徳教育)
  • 第3部 学校空間における道徳教育の実践(学校生活と「道徳の時間」
  • 「道徳の時間」の指導構想
  • 体験学習による道徳指導の充実)
  • 付録

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 道徳教育論
著作者等 高橋 勝
書名ヨミ ドウトク キョウイク ロン
シリーズ名 教職シリーズ 4
出版元 培風館
刊行年月 2011.10
ページ数 216p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-563-05854-8
NCID BB07132033
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22006076
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想