ジェイン・オースティンと「お嬢さまヒロイン」

植松みどり 著

ジェイン・オースティンの作品を彩る「お嬢さまヒロイン」たち。19世紀初頭、英国の階級社会を果敢に生きる彼女たちに託されたものとは?作品に潜むテーマ=「象の牙」を読み解く画期的論考。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 『ノーサンガー・アベイ』-キャサリン・モーランド、「お嬢さまヒロイン」の誕生
  • 第2章 『分別と多感』-メアリアンとエリナーに見る幸せの秘密
  • 第3章 『自負と偏見』-読み違えられたエリザベスの魅力
  • 第4章 『マンスフィールド・パーク』-ファニー、賢く逞しく「お嬢さまヒロイン」に
  • 第5章 『エマ』-完璧なヒロイン、エマ?
  • 第6章 『説得』-階段を下りる「お嬢さまヒロイン」、アン・エリオット

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ジェイン・オースティンと「お嬢さまヒロイン」
著作者等 植松 みどり
書名ヨミ ジェイン オースティン ト オジョウサマ ヒロイン
書名別名 Jane Austen and her gentlewoman heroines

Jein osutin to ojosama hiroin
出版元 朝日出版社
刊行年月 2011.10
ページ数 198p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-255-00605-5
NCID BB07129491
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21990259
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想