電力自由化

高橋洋 著

電力供給の分散化と需要の自律化を進め、と同時にその前提条件となる発送電分離を断行する。そうすれば、エネルギー自給率の向上や負担・リスクの分散により国家と地域の安全が保障されるとともに、開放的な国内・国際市場を通して、再エネを中心とした電力の安定供給も確保できる。そこには新たな産業が興り、地域の雇用が確保され、需要者に個人に、大きな力が与えられる。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 3・11後の電力システムを構想する
  • 第2章 日本の電力システムを概観する
  • 第3章 なぜ電力自由化が必要なのか
  • 第4章 電力自由化の先進事例に学ぶ
  • 第5章 日本の電力自由化と自由化反対論を検証する
  • 第6章 スマートグリッドによって需要者が自律化する
  • 第7章 自律分散開放型の電力システムを提言する

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 電力自由化
著作者等 高橋 洋
書名ヨミ デンリョク ジユウカ : ハッソウデン ブンリ カラ ハジマル ニホン ノ サイセイ
書名別名 発送電分離から始まる日本の再生

Denryoku jiyuka
出版元 日本経済新聞出版社
刊行年月 2011.10
ページ数 236p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-532-35489-3
NCID BB07122572
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22003147
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想