ウラ日本文学 : 古典文学の舞台裏

岩坪健 著

『百人一首』は襖に貼られていた!?古典文学は藤原定家の支配下にある!?『源氏物語』は五十四帖ではなかった!?よく知られている日本古典文学の知られざる舞台裏を紹介。知らなかった裏側に目を向けて、いつもと違う角度から見れば「丸暗記でつまらない」と思っていたものもこんなに楽しくなる。見方を変えれば、見えるものが変わる。文学史の裏事情を知りつつ、すべての固定観念を打ち破る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 舞台裏、拝見(デビューが遅れた古典文学
  • 教科書の陰の帝王 ほか)
  • 第2部 文学と戦争(この前の火事で燃えてしもうて
  • ひらがなの印刷は江戸時代から ほか)
  • 第3部 裏事情、拝見(『万葉集』
  • 『古今和歌集』 ほか)
  • 第4部 『源氏物語』の謎(変化する巻
  • 変化する巻数 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ウラ日本文学 : 古典文学の舞台裏
著作者等 岩坪 健
書名ヨミ ウラ ニホン ブンガク : コテン ブンガク ノ ブタイウラ
シリーズ名 新典社新書
出版元 新典社
刊行年月 2011.10
ページ数 127p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-7879-6157-0
NCID BB07113210
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21991932
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想