14歳からの精神医学 : 心の病気ってなんだろう

宮田雄吾 著

うつ病、双極性障害、統合失調症、多量服薬etc.心の病気って、どんな症状があるの?どうしてかかるの?どんな治療をするの?友達や親がかかったらどうすればいいの?-。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 心の病気ってなんだろう(摂食障害-太るのが怖くてたまらなくなる病気
  • 社交不安障害-人との交わりが怖くてたまらなくなる病気
  • 強迫性障害-気になって仕方がなくなる病気
  • うつ病-気持ちは暗く、体はだるくなる病気
  • 双極性障害-気分のアップダウンにふりまわされる病気
  • 統合失調症-幻覚や妄想にとらわれる病気)
  • 第2部 精神科でよくみる問題行動(不登校-行かない?いや、行けない
  • 暴力行為-怒りの爆発
  • リストカット-誰にも言わずに
  • 多量服薬-自殺という問題を考える)
  • 第3部 心の病気に陥りにくくするために(ストレスに強くなるために
  • 思いつめないために
  • トラウマに支配されないために
  • 心の病気を早期発見するために)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 14歳からの精神医学 : 心の病気ってなんだろう
著作者等 宮田 雄吾
書名ヨミ 14サイ カラノ セイシン イガク : ココロ ノ ビョウキ ッテ ナンダロウ
出版元 日本評論社
刊行年月 2011.10
ページ数 227p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-535-98346-5
NCID BB07111623
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22000643
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想