越境する脳 : ブレイン・マシン・インターフェースの最前線

ミゲル・ニコレリス 著 ; 鍛原多惠子 訳

アカゲザルに考えるだけで義手を操作させる実験を成功させた、BMIの先導的研究者自らが語る、脳神経科学における驚きの成果。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 思考とはなにか
  • 脳の声を追う者たち
  • シミュレートされた身体
  • 脳のシンフォニーに耳を傾ける
  • ネズミはどうやってネコから逃げるのか
  • オーロラの脳を自由にする
  • 自己制御
  • 心の「現実世界」一周
  • 身体が飛行機だった男
  • 心を形成し共有する
  • 相対論的な脳で計算する
  • ふたたび星に還る※

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 越境する脳 : ブレイン・マシン・インターフェースの最前線
著作者等 Nicolelis, Miguel
Nicolelis, Miguel A. L.
鍛原 多惠子
ニコレリス ミゲル
書名ヨミ エッキョウスル ノウ : ブレイン マシン インターフェース ノ サイゼンセン
書名別名 Beyond boundaries
出版元 早川書房
刊行年月 2011.9
ページ数 434p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-15-209238-0
NCID BB07097180
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21993701
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想