人がヒトをデザインする

小坂洋右 著

人は遺伝子テクノロジーを制御できるのか。ナチスの優生政策・リベラル優生学・人類の分化の可能性…人の"改良"を巡る古今の驚くべき事件や思想を検証し、遺伝子改良への依存に警鐘を鳴らす。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 治療から改良への飛躍
  • 第2章 とりつかれてきた歴史
  • 第3章 リベラル優生学-亡霊の復活
  • 第4章 「改良は正義」で突っ走っていいのか
  • 第5章 二つの人類への分化
  • 第6章 悪意を封じるための最後の手段
  • 第7章 ノーベル精子バンクの嘘
  • 第8章 取り返しのつかない未来
  • 第9章 本当に必要なものは何か

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 人がヒトをデザインする
著作者等 小坂 洋右
書名ヨミ ヒト ガ ヒト オ デザイン スル : イデンシ カイリョウ ワ ユルサレルカ
書名別名 遺伝子改良は許されるか

Hito ga hito o dezain suru
出版元 ナカニシヤ
刊行年月 2011.10
ページ数 207p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-7795-0568-3
NCID BB07084757
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22038190
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想