ジャーナリストの現場 : もの書きをめざす人へ

岩垂弘 著

朝日新聞記者であった著者の昭和33年から37年間に及ぶ評論集。一記者の自分史であるばかりか同時代史にもなっている。著者の志は巻末の3・11大震災・原発事故以降の報道の劣化ぶりに危機意識を抱いた訴えにあらわれている。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 駆け出し記者として(最初の赴任地は東北だった
  • とんまなスタートにあわてる ほか)
  • 第2部 社会部記者の現場から(スタートは事件記者
  • 共存の中の競争 ほか)
  • 第3部 編集委員として(「北埼玉対策」の先兵となる
  • デスクは激職の「千手観音」 ほか)
  • 第4部 フリーの視点(福田首相が戦中派?記者諸君、もっと勉強してください
  • ここまできたか"被爆ナショナリズム"-はんらんする「唯一の被爆国」 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ジャーナリストの現場 : もの書きをめざす人へ
著作者等 岩垂 弘
書名ヨミ ジャーナリスト ノ ゲンバ : モノカキ オ メザス ヒト エ
出版元 同時代社
刊行年月 2011.10
ページ数 494p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-88683-706-6
NCID BB07081260
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21997842
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想