中国義士伝 : 節義に殉ず

冨谷至 著

人士に求められる節義とは何だろうか。蘇武、顔真卿、文天祥は、それぞれ漢、唐、南宋にあって、過酷な運命に身を置きながら己の節を貫き通した。匈奴に捕らわれ、二十年間、服従を拒み続けた蘇武。安禄山の乱に際し義兵を挙げ、捕殺された顔真卿。モンゴルに追われた南宋の亡命政権を支えようとして抵抗するも、幽閉、処刑された文天祥。己の生きた時代の価値観に殉じ、ノブレス・オブリージュを体現した男たちの生き様とは。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 蘇武-著節の老臣
  • 第2章 顔真卿-知の血統
  • 第3章 文天祥-状元宰相
  • 終章 正気の歌

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 中国義士伝 : 節義に殉ず
著作者等 富谷 至
書名ヨミ チュウゴク ギシデン : セツギ ニ ジュンズ
シリーズ名 中公新書 2134
出版元 中央公論新社
刊行年月 2011.10
ページ数 217p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-12-102134-2
NCID BB07063815
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22019085
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想