個人美術館の愉しみ

赤瀬川原平 著

個人美術館の愉しみは、近現代を彩る芸術家たちの足跡を眺められること。もう一つの愉しみは、その作品の山を築くことになったコレクターの、熱情を見ること。大金を投げ出して手に入れた人の熱情が並ぶと、その熱を通して見えてくるものがある。日本にある、魅力ある個人美術館を厳選。赤瀬川さんが紡ぐ46の物語。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 足立美術館-田んぼの町に隠れた日本庭園(島根県安来市)
  • 大田区立龍子記念館-筆力旺盛に舌を巻く(東京都大田区)
  • かみや美術館-岡の上の静寂美術館(愛知県半田市)
  • 何必館・京都現代美術館-品格の内に宿した狂熱(京都府京都市)
  • 浜松市秋野不矩美術館-丘の上の岩絵の具の砦(静岡県浜松市)
  • 植田正治写真美術館-田んぼの中の写真館(鳥取県伯耆町)
  • 小平市平櫛田中彫刻美術館-どこまでも探求する彫刻家(東京都小平市)
  • 細見美術館-古典の魅力を今に繋げる(京都府京都市)
  • 徳川美術館-"新品同様"の揃う宝庫(愛知県名古屋市)
  • 真鶴町立中川一政美術館-風景の現場がアトリエだった(神奈川県真鶴町)〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 個人美術館の愉しみ
著作者等 赤瀬川 原平
書名ヨミ コジン ビジュツカン ノ タノシミ
書名別名 Kojin bijutsukan no tanoshimi
シリーズ名 光文社新書 546
出版元 光文社
刊行年月 2011.10
ページ数 306p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-334-03649-2
NCID BB07060919
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21996770
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想