統計・確率思考で世の中のカラクリが分かる

高橋洋一 著

復興財源をどうするか?デフレ・円高をどう抑えるか?数字トリックを見破る、数字で説得する、天才・タカハシ先生の問題解決ツールを伝授。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 統計・確率思考で世の中のカラクリを見破る(統計とは
  • 確率とは ほか)
  • 第2章 バランスシート思考で考える東電問題(東電問題は虜理論(Regulatory Capture)
  • 東電の賠償スキーム)
  • 第3章 シンプル・ロジカル思考で考える復興政策(復興のセオリー
  • 財源は国債 ほか)
  • 補講 よくある誤解と間違い(震災後のインフレ懸念-物価に関する理解
  • アメリカの金融緩和が新興国バブルを生み出すのか ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 統計・確率思考で世の中のカラクリが分かる
著作者等 高橋 洋一
書名ヨミ トウケイ カクリツ シコウ デ ヨノナカ ノ カラクリ ガ ワカル
シリーズ名 光文社新書 542
出版元 光文社
刊行年月 2011.10
ページ数 189p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-334-03645-4
NCID BB07054064
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21997852
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想