平家物語、史と説話

五味文彦 著

無意識のうちに内乱期の歴史の見方を深く規定する平家物語とは、いかなる質の歴史資料なのか?説話が生成する場を探り、物語に組み込まれた文書の典拠を求め、それらに近づきうる作者像を絞り込み、語られる歴史の構図を見定め…文学作品を歴史資料として活用するための方法を提示し、著者の多彩な仕事の基礎ともなった画期的論考。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 平家物語(アプローチ
  • 歴史的構図
  • 記録と史書のはざま)
  • 2 史と説話(信西政権の構造
  • 説話の風景
  • 『古今著聞集』と橘成季)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 平家物語、史と説話
著作者等 五味 文彦
書名ヨミ ヘイケ モノガタリ シ ト セツワ
シリーズ名 平家物語 746
平凡社ライブラリー 746
出版元 平凡社
刊行年月 2011.10
ページ数 311p
大きさ 16cm
ISBN 978-4-582-76746-9
NCID BB07048185
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22008448
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想