民法改正を考える

大村敦志 著

現在、法制審議会で民法改正のための議論が進んでいる。なぜ今、民法を変える必要があるのか。どのような手続きで変えるのか。ヨーロッパや東アジアにおける民法改正の歴史、最近の動向も紹介した上で、社会の構成原理としての民法典を根源的に考察する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 民法改正とは-直近の改正作業をふまえて
  • 第1章 日本の民法改正
  • 第2章 諸外国の民法改正
  • 第3章 民法改正をどのように行うか
  • 第4章 民法改正はどこへ
  • 結章 民法典を持つということ-社会の構成原理としての民法典

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 民法改正を考える
著作者等 大村 敦志
書名ヨミ ミンポウ カイセイ オ カンガエル
シリーズ名 岩波新書 新赤版1334
出版元 岩波書店
刊行年月 2011.10
ページ数 194, 10p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-00-431334-2
NCID BB07048174
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22012647
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想