ベニスに死す

トーマス・マン 著 ; 圓子修平 訳

高名な初老の作家アシェンバハは、ある日旅の誘惑に駆られ、ヴェネツィアへと旅立つ。そこで彼が出会ったのは、神のごとき美少年タジオだった。その完璧な美しさに魅了された作家は、疫病が広がり始めた水の都の中、夜となく昼となく少年のあとをつけるようになる…。官能の焔に灼かれて朽ちていく作家の悲劇を、美しい筆致で描いた文豪マンの代表的傑作。巨匠ヴィスコンティの名作映画原作。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ベニスに死す
著作者等 Mann, Thomas
円子 修平
圓子 修平
マン トーマス
書名ヨミ ベニス ニ シス
書名別名 Der Tod in Venedig

Benisu ni shisu
シリーズ名 集英社文庫 マ12-1
出版元 集英社
刊行年月 2011.8
ページ数 143p
大きさ 16cm
ISBN 978-4-08-760628-7
NCID BB07045278
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21973926
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 ドイツ語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想