情報社会と共同規制 : インターネット政策の国際比較制度研究

生貝直人 著

私人による自主規制でもなく、政府による直接規制でもない-。公私で問題解決に向かう新しい政策手法「共同規制」が、情報社会を拓く。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 情報社会における公と私
  • 第1部 政府規制、自主規制、共同規制(自主規制から共同規制へ
  • 共同規制のフレームワーク)
  • 第2部 「団体を介した」共同規制(通信・放送の融合とコンテンツ規制
  • モバイルコンテンツの青少年有害情報対策
  • 行動ターゲティング広告のプライバシー保護)
  • 第3部 「団体を介さない」共同規制(UGC・P2Pにおける著作権侵害への対応
  • SNS上での青少年保護とプライバシー問題 音楽配信プラットフォームとDRM)
  • 第4部 制度設計(共同規制方法論の確立に向けて)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 情報社会と共同規制 : インターネット政策の国際比較制度研究
著作者等 生貝 直人
書名ヨミ ジョウホウ シャカイ ト キョウドウ キセイ : インターネット セイサク ノ コクサイ ヒカク セイド ケンキュウ
書名別名 Joho shakai to kyodo kisei
出版元 勁草書房
刊行年月 2011.10
ページ数 226p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-326-40270-0
NCID BB07043228
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21996352
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想