商法  3

大塚 龍児;林 〓;福瀧 博之【著】

定評あるテキスト最新版。平成20年12月より施行された「電子記録債権法」につき、手形・小切手法との関係、その制度内容や実務動向についての解説を加えた。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1編 序論(手形・小切手の法的構造
  • 手形・小切手の完全有価証券性
  • 手形・小切手の経済的機能
  • 歴史・外国法・法源)
  • 第2編 総論(手形行為の意義と成立要件
  • 手形行為の性質
  • 手形行為と原因関係
  • 手形行為と法律行為に関する一般原則
  • 他人による手形行為
  • 手形行為の偽造、変造、抹消、毀損・喪失)
  • 第3編 各論(約束手形
  • 為替手形
  • 小切手)
  • 第4編 有価証券法通論(有価証券の概念
  • 有価証券の分類とその法的意義
  • 有価証券の発行
  • 有価証券の譲渡
  • 有価証券の善意の譲受人の保護-抗弁の制限と善意取得
  • 有価証券による権利行使
  • 有価証券喪失の場合の措置)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 商法
著作者等 大塚 龍児
林 竧
福滝 博之
福瀧 博之
林 〓
書名ヨミ ショウホウ
書名別名 Negotiable Instruments

手形・小切手 : 第4版

Commercial Law
シリーズ名 有斐閣Sシリーズ 25
巻冊次 3
出版元 有斐閣
刊行年月 2011.10
版表示 第4版
ページ数 384p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-641-15936-5
NCID BB07038964
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22008475
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

著作名 著作者名
手形・小切手 : 第4版 大塚龍児, 林竧, 福瀧博之
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想