言語構造基礎論 : 文の意味と構造

町田健 著

文の構造を与える規則は、いかなる原理で形成されるのか?言語が表示する意味を厳密に定義し、「意味の伝達」を基礎に、言語学の課題である文の構造と構造決定原理の解明に挑んだ意欲の1冊。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 言語を構成する要素(言語とその機能
  • 言語が表す意味
  • 事態の時間的特性
  • 事態の成立可能性)
  • 第2章 言語単位(形態と形態素
  • 実体役割
  • 述語の分類
  • 核詞
  • 事態素と形態素)
  • 第3章 文構造の記述(文構造の必然性
  • 言語類型と形態素配列規則
  • 役割類型と文の構造)
  • 第4章 言語理解の過程(文を構成する要素と文の構造
  • 意味解釈規則
  • 実態の定性
  • 主題
  • 会話における発話の関連性
  • 数性
  • 事態理解の完成過程
  • 事態の理解機構と知識)
  • 第5章 構造規則を決定する原理(役割類型と構造規則
  • 限定性
  • 形態変化型言語
  • 構造型言語
  • 英語の問題
  • 構造規則を決定する原理)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 言語構造基礎論 : 文の意味と構造
著作者等 町田 健
書名ヨミ ゲンゴ コウゾウ キソ ロン : ブン ノ イミ ト コウゾウ
書名別名 Foundation of the linguistic structure
出版元 勁草書房
刊行年月 2011.10
ページ数 247p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-326-10211-2
NCID BB07017691
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21997165
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想