日本経済の奇妙な常識

吉本佳生 著

増税の前にできること、あります。人気エコノミストによる新しい日本経済論。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 アメリカ国債の謎(格下げされたのに高騰!?
  • 世界景気の維持装置としてのアメリカ ほか)
  • 第2章 資源価格高騰と日本の賃金デフレ(じつは輸入依存度が低い日本
  • 資源高で物価は上がるはずだが… ほか)
  • 第3章 暴落とリスクの金融経済学(日本や中国がアメリカ国債を大量売却したら
  • 国債価格を決めるのは、いま売買している人? ほか)
  • 第4章 円高対策という名の通貨戦争(「歴史的な円高」のウソ
  • 日本が仕掛けた"通貨戦争" ほか)
  • 第5章 財源を考える-消費税の段階的増税vs.デリバティブ国債(小幅な消費税増税ほど危険
  • 増税より国債増発を ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 日本経済の奇妙な常識
著作者等 吉本 佳生
書名ヨミ ニホン ケイザイ ノ キミョウナ ジョウシキ
シリーズ名 講談社現代新書 2128
出版元 講談社
刊行年月 2011.10
ページ数 254p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-06-288128-9
NCID BB0701309X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21998840
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想