私が愛した東京電力

蓮池透 著

[目次]

  • 第1章 今回の事故はどういうものだったのか(全交流電源が喪失
  • 海水注入はメルトダウンのあと ほか)
  • 第2章 東電は変われるか(近所にできた柏崎刈羽原発
  • 一度目の福島第一原発勤務-入社後二週間で ほか)
  • 第3章 自滅する原発-原発をフェイドアウトするために(「もんじゅ」の次の段階の研究
  • 完結しないサイクル ほか)
  • 対談 拉致と戦争と原発を結ぶもの(原発被害者とその救援をめぐって
  • 脱原発をどうやって実現するか ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 私が愛した東京電力
著作者等 蓮池 透
書名ヨミ ワタクシ ガ アイシタ トウキョウ デンリョク : フクシマ ダイ1 ゲンパツ ノ ホシュ カンリシャ ト シテ
書名別名 福島第一原発の保守管理者として
出版元 かもがわ
刊行年月 2011.9
ページ数 174p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-7803-0471-8
NCID BB07012971
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21995297
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想