聖ユルゲンにて

シュトルム 作 ; 国松孝二 訳. 後見人カルステン : 他一篇 / シュトルム 作 ; 国松孝二 訳

抒情的な短篇「みずうみ」で知られるシュトルム(1817‐1888)だが、後期に至るにつれてその作品は次第に叙事的・写実的となり、現実を直視する眼差しを強めていった。悲恋の物語「聖ユルゲンにて」、父と息子の問題を扱った「ハンス・キルヒとハインツ・キルヒ」など、ままならない人生に葛藤する人間の姿を描いた3篇。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 聖ユルゲンにて
著作者等 Storm, Theodor
国松 孝二
シュトルム
書名ヨミ セイ ユルゲン ニテ . コウケンニン カルステン
書名別名 In St.Jurgen.[etc.]

Sei yurugen nite . Kokennin karusuten
シリーズ名 岩波文庫 32-424-7
出版元 岩波書店
刊行年月 2011.10
ページ数 328p
大きさ 15cm
ISBN 978-4-00-324247-6
NCID BB06983432
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22004718
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 ドイツ語
出版国 日本

掲載作品

著作名 著作者名
ハンス・キルヒとハインツ・キルヒ シュトルム 作, 国松 孝二
後見人カルステン シュトルム 作, 国松 孝二
聖ユルゲンにて シュトルム 作, 国松 孝二
解説
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想