現代女性作家論

松本和也 著

小川洋子、川上弘美、鹿島田真希、西川美和、多和田葉子、川上未映子、六人の女性作家の代表作の文体・言語表現を"家族・身体""記憶・回想"をテーマにあざやかに考察する書き下ろし。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 記憶/忘却のための場所-小川洋子「完璧な病室」
  • 第2章 愛の寓話/物語の(再)起動-川上弘美「物語が、始まる」
  • 第3章 渇きと水-鹿島田真希『六〇〇〇度の愛』
  • 第4章 記憶のボタン-西川美和『ゆれる』
  • 第5章 名前の喪失/「わたし」の生成-多和田葉子「海に薬とした名前」
  • 第6章 小説の"声"/言葉と身体-川上未映子『乳と卵』

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 現代女性作家論
著作者等 松本 和也
書名ヨミ ゲンダイ ジョセイ サッカ ロン
書名別名 Gendai josei sakka ron
出版元 水声社
刊行年月 2011.9
ページ数 268p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-89176-847-8
NCID BB06958887
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21991986
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想