江戸期の奄美諸島 : 「琉球」から「薩摩」へ

知名町教育委員会 編

1609年、島津琉球侵攻-。奄美に激震が走った。江戸期、奄美諸島はどういう状況にあったのか。第一線の研究者が、最新の知見から浮き彫りにする。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 琉球侵攻四〇〇年シンポジウム「"琉球"から"薩摩"へ」
  • 第2章 座談会1「薩摩からみた、近世奄美諸島」
  • 第3章 座談会2「琉球からみた、近世奄美諸島」
  • 第4章 薩琉四〇〇年講演会「朝鮮半島に漂着した薩摩藩士と沖永良部島民」
  • 第5章 沖永良部島の歴史と記憶
  • 第6章 薩摩藩琉球侵攻時の琉球尚寧王の領土認識について
  • 第7章 琉球処分と奄美諸島
  • 資料

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 江戸期の奄美諸島 : 「琉球」から「薩摩」へ
著作者等 前利 潔
原口 泉
弓削 政己
池内 敏
知名町教育委員会 (鹿児島県)
豊見山 和行
高橋 孝代
鹿児島県知名町教育委員会
知名町教育委員会
書名ヨミ エドキ ノ アマミ ショトウ : リュウキュウ カラ サツマ エ
出版元 南方新社
刊行年月 2011.3
ページ数 317p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-86124-227-4
NCID BB06943868
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21994158
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想