物理学史への道

辻哲夫 著

明治政府によって主導された功利性優先の科学技術受容が、今日の科学・技術観をも蝕んでいることを抉る。科学と文明のあり方を根本的に問う!「アインシュタイン量子論から量子力学批判」を収録。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 物理学史への道
  • 2 近代物理学の思想的背景-十七世紀の力学
  • 3 アインシュタインの量子論研究から量子力学批判
  • 4 日本における物理学の自立
  • 5 日本の物理学研究の先達
  • 6 科学技術と文明

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 物理学史への道
著作者等 池内 了
辻 哲夫
書名ヨミ ブツリガクシ エ ノ ミチ
シリーズ名 戦後日本思想の原点 51
こぶし文庫 51
出版元 こぶし書房
刊行年月 2011.9
ページ数 346p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-87559-258-7
NCID BB06942071
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21985690
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想