医食の文化学

松田俊介, 蔵持不三也 著

近代の農学・畜産学・水産学、食品学・栄養学は"食品"を扱い、衛生学・医学・心理学は"医食"を扱うが、食物を摂取する/させる"身体/社会"活動が、どれほどに深く、集団的想像力(イマジネール)で形づくられた文化に浸されているかを知らない。「医食」という身体と社会に深く結びついた活動から、文化の生態系をとらえる「医食の文化学」創設のための試論。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 医食文化試論-近世・近代フランスにおける「貧者の医学」を巡って(ティソ略歴
  • ティソの進言
  • 貧者の医学
  • 青本叢書)
  • 民俗儀礼にみる"大食"の文化的活用-日光市七里における「子供強飯式」の事例から(強飯式
  • 七里地区と生岡神社
  • 子供強飯式の現在
  • 考察)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 医食の文化学
著作者等 松田 俊介
蔵持 不三也
書名ヨミ イショク ノ ブンカガク
出版元 言叢社
刊行年月 2011.8
ページ数 142p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-86209-037-9
NCID BB06935360
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22102232
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想