ハイデガーと神学

茂牧人 著

本書はハイデガー(1889‐1976)の存在と神の思索を、キリスト教神学の伝統の中で理解し浮き彫りにした意欲的業績である。第1部ではハイデガーの思索が神学との対決の中で展開したことを解明し、第2部では彼の思索からキリスト教哲学の可能性を探る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 ハイデガーと神学(初期フライブルク時代の神学的考察
  • 哲学と神学-マールブルク時代のブルトマンとの対話
  • 神の思索
  • 言語論と痛みとしての否定神学 ほか)
  • 第2部 ハイデガーの思索から宗教哲学へ(傷による赦しの宗教哲学
  • キリスト教哲学の可能性)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ハイデガーと神学
著作者等 茂 牧人
書名ヨミ ハイデガー ト シンガク
出版元 知泉書館
刊行年月 2011.9
ページ数 254, 24p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-86285-116-1
NCID BB06934980
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22012044
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想