平家物語の読み方

兵藤裕己 著

「祇園精舎の鐘の声、諸行無常の響きあり」に始まる名調子によって、『平家物語』は今も人々の心を魅了している。私たちは通常、それを文字によって理解しているが、実はそれは琵琶法師の語りを通して地域や階層を越えて流通し、中世を通じて日本列島の歴史的な共同性を作り上げることになった。しかも、武家政権を王朝の秩序に組み入れるという王権の側の隠された意図は、現実には破綻したとはいえ以後の武士の動向に大きな影響を与えた。「語り」から「文字」へのテクスト生成の過程とその意味を綿密に検証し、日本史と国文学の境界を超える斬新な入門書。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • はじめに-歴史の時間と物語の時間
  • 第1部 歴史の構想(祗園精舎
  • 清盛と重盛
  • 頼朝の挙兵
  • 源平交替史)
  • 第2部 反転する世界(終末の不安
  • 怨霊・天魔・物の怪
  • テクストの流動)
  • 第3部 平家物語の生成(前「平家」の発生
  • 鎮まらざるもの
  • 悪人の救済
  • 建礼門院の物語)
  • 付録 琵琶法師の位置(身体の刻印
  • 穢れと聖性
  • 異形の王子神
  • 「伊勢平氏はすが目なりけり」
  • 母と子の神
  • 語りの主体)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 平家物語の読み方
著作者等 兵藤 裕己
書名ヨミ ヘイケ モノガタリ ノ ヨミカタ
書名別名 平家物語
シリーズ名 平家物語 ヒ14-1
ちくま学芸文庫 ヒ14-1
出版元 筑摩書房
刊行年月 2011.10
ページ数 270p
大きさ 15cm
ISBN 978-4-480-09404-9
NCID BB06934299
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22017489
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想