「孤独」から考える秋葉原無差別殺傷事件

芹沢俊介, 高岡健 著

"人と関わりすぎると怨恨で殺すし、孤独だと無差別に殺すし"という携帯サイトの書き込みは、家族という絆が断たれたときの衝動に根ざしている。引きこもれなかった若者の「孤独」をキーワードに、家族論による考察と精神医学の知見によって事件の真相を再検証する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 秋葉原無差別殺傷事件は、なぜ起きたのか(親殺しに先行する子殺しとしての事件の性格
  • 「孤独だと無差別に殺す」という携帯サイトの意味 ほか)
  • 第2章 心的現象としての掲示板への書き込み(携帯サイトの掲示板にみる「本音」と「本心」
  • 自己表出・指示表出として表現された孤独の世界 ほか)
  • 第3章 自殺未遂から無差別殺傷事件へ-自殺論の射程(表現型オタクにとっての主体の危機-ネット社会の限界
  • 三回の自殺未遂事件 ほか)
  • 終章 秋葉原無差別殺傷事件の総括と補論-裁判をめぐって(裁判官・検察はこの事件をどうとらえたのか
  • 不細工な自分という自己規定の虚構-母親の愛への渇望 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 「孤独」から考える秋葉原無差別殺傷事件
著作者等 芹沢 俊介
高岡 健
書名ヨミ コドク カラ カンガエル アキハバラ ムサベツ サッショウ ジケン
シリーズ名 Psycho critique 15
サイコ・クリティーク 15
出版元 批評社
刊行年月 2011.9
ページ数 188p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-8265-0547-5
NCID BB06913776
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21987208
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想